「米の対中相殺関税は不当」 WTOが判断、中国商務省は歓迎

世界貿易機関(WTO)の上級委員会は16日、米国が中国製の太陽光パネルなど一部工業製品に対し、補助金を理由に相殺関税を課しているのは不当とする中国の主張を認める判断を下した。中国商務省はこれを受け、「米国の手法がWTOのルールに反していることを証明した」と主張。…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 電機その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先月末の世界禁煙デーに…(06/02)

原油価格、半年は低調推移 経済は2Qが底、MUFG予想(06/02)

地場携帯、中国から拠点移転 80億ルピー投じ印を輸出ハブへ(06/02)

「新1級都市」に合肥と仏山 顔ぶれ変動、民間ランキング(06/02)

中国アパレル大手、首都で新たに土地確保(06/02)

米の優遇措置廃止、影響「限定的」が大勢(06/02)

財新製造業PMI、5月は50台回復(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン