• 印刷する

アクレダ銀、銀聯国際と非接触型デビカ発行

カンボジア商業銀行最大手のアクレダ銀行は16日、中国系決済大手の銀聯国際(ユニオンペイ・インターナショナル)と非接触型デビットカードの発行で提携したと発表した。クメール・タイムズ(電子版)が17日伝えた。

デビットカードは、旅行や仕事で頻繁に海外へ行く人をターゲットとする。ユニオンペイ・インターナショナルの製品担当ディレクター、シュアン・ガイダン氏は「カンボジアへの外国投資の拡大により、ビジネスや旅行目的でカンボジアを訪れる人や、カンボジアから海外へ行く人の数が増えている」と指摘した。アクレダ銀行とユニオンペイは、2013年に決済サービスで協力する旨の覚書を締結している。

アクレダ銀行はこれまでデビットカードの発行で、VISA(ビザ)やマスターカード、JCBなどと提携。累計100万枚を発行しており、カンボジアで発行されたデビットカードの約半分を占めている。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 金融IT・通信観光

その他記事

すべての文頭を開く

日本の対カンボジア貿易額、上半期は17%増(08/19)

南部港の2Q決算は大幅減益、設備投資増で(08/19)

プノンペン商銀、上半期決算は28%増益(08/19)

1~6月の国境輸出4%減、3カ国向け低調(08/19)

電子決済ウイング、不動産ナキなどと提携(08/19)

野党元党首「11月帰国」、国外に滞在(08/19)

亀田製菓、米菓工場がフル稼働の体制に(08/16)

鉱業アンコール、南部陸上油田の開発権取得(08/16)

証券取引所、営業時間を2倍の7時間に延長(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン