• 印刷する

仏蒸留酒大手ペルノ、ヨマ合弁に34%出資

仏系蒸留酒大手ペルノ・リカールは、ミャンマーの大手財閥サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)傘下でシンガポール取引所(SGX)上場のヨマ・ストラテジック・ホールディングスと合弁で設立するウイスキーの製造・販売会社に34%を出資する。ヨマがSGXを通じて発表した。

合弁会社「シーグラムMM」の出資比率は、ペルノ・リカールが34%、地場蒸留酒製造業者のウィン・ブラザーズが33%、ヨマが19.8%、投資会社のデルタ・キャピタル・ミャンマーが13.2%。

シーグラムMMは、ヨマとウィン・ブラザーズの合弁会社アクセス・ミャンマー・ディストリビューションのブランド、生産拠点、販売網を引き継ぐ。アクセスは、ウィン・ブラザースが最大都市ヤンゴンと第2の都市マンダレーに持つ生産施設で製造された地場ウイスキーブランド「ハイクラス」を、全国4万カ所の販売拠点を通じて販売している。

シーグラムMMは傘下の全額出資子会社シーグラム・ミャンマーを通じ、ミャンマー国内でのウイスキーやスピリッツの製造販売を行う。同社の払い込み済み資本金は56億3,929万7,530チャット(約4億円)。


関連国・地域: ミャンマーシンガポール欧州
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナで初の死者、感染者は累計14人(18:52)

全日空、特例措置で帰国便のみ運航へ(03/31)

新たに陸路帰国者など感染2人、累計10人に(03/31)

帰還労働者による感染急増を懸念、政府(03/31)

帰還労働者の隔離が不十分、逃亡の例も(03/31)

成長率予測3.6%に引き下げ=フィッチ(03/31)

欧州向け衣料品工場が稼働停止、注文取消で(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン