• 印刷する

テイクオフ:インドと日本がロケ地と…

インドと日本がロケ地となる映画「SUMO 相撲」の撮影が現在、インド南部タミルナド州で行われている。同州の州都チェンナイに暮らすサーファーのコーチと、日本人力士の交流をテーマとしたタミル語映画だ。主演の田代良徳さんのほか、18人の力士が出演するという。

インド南部で作られるタミル語映画は、日本と浅からぬ縁がある。タミル語映画によく出演する有名俳優ラジニカーントは日本にもファンが多い。日本がロケ地になったタミル語映画は少なくない。

1960年代に日本で撮影された「ラブ・イン・トーキョー」というインド映画をリバイバルする話もあると聞く。インドと日本の間にはビジネス面で強い土台があり、人の行き来が活発化している。交流が深化するに伴い、今後は芸術や文化、映画の分野でもさらなるコラボレーションが期待できるだろう。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オフィスの休憩室にある…(08/22)

スズキが高級MPVを発売 需要喚起、SUV顧客も囲込みへ(08/22)

車の販売不振、プネ工業地帯の50万人に影響も(08/22)

マヒンドラ物流部門、VWとの提携強化(08/22)

ジェット発着枠の割当、12月まで期限延長(08/22)

DBS銀、20年にクレジットカード事業参入(08/22)

ワンプラスのTV、来月インドで先行発売(08/22)

ステイト銀、祭事期は車ローンに低金利(08/22)

タタモータータイ、組立終了も販売は継続(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン