• 印刷する

テイクオフ:本格的な雨期の到来は、…

本格的な雨期の到来は、イライラと楽しみを運んでくる。自宅からオフィスがある中心部までは普段なら約15~30分だが、雨が続いた影響で約2時間に大幅延長となった。ドゥテルテ大統領の大規模インフラ整備計画も、まだまだ追い付いていない。

そんな過酷な状況でも楽しみは残されている。大雨で発生する洪水や交通渋滞を逆手にとったおもしろ動画が心を和ませてくれる。毎年のように増えていく動画は、どれだけ通勤時間が長くなっても尽きることがない。にやにやしながらスマートフォンの画面を眺める光景は、端から見れば異様かもしれないが。

台風、地震、干ばつ――。自然災害が多いフィリピンではなんでもござれだ。どんよりした雨期の空に気分はめいるが、だからこそ、楽しむすべを身につけた者が勝ちなのだ。そうやって、フィリピン人は生きている。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ティーライブ、ミャンマーで年内に5店開業(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

日比LNG計画で延長申請 調整に時間、23年稼働は維持(08/23)

フィリンベスト、日立系と水処理で合弁(08/23)

独メルセデス、現地工場から比へ輸出開始(08/23)

半導体ローム、車載液晶向け新IC生産(08/23)

人事労務関連法に対応急務、アイキューブ(08/23)

米社の浮体式LNG設備建設、エネ省認可(08/23)

貿産省、輸入セメントの緊急関税額見直し(08/23)

中国企業受注のカリワダム、計画見直しへ(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン