• 印刷する

テイクオフ:本格的な雨期の到来は、…

本格的な雨期の到来は、イライラと楽しみを運んでくる。自宅からオフィスがある中心部までは普段なら約15~30分だが、雨が続いた影響で約2時間に大幅延長となった。ドゥテルテ大統領の大規模インフラ整備計画も、まだまだ追い付いていない。

そんな過酷な状況でも楽しみは残されている。大雨で発生する洪水や交通渋滞を逆手にとったおもしろ動画が心を和ませてくれる。毎年のように増えていく動画は、どれだけ通勤時間が長くなっても尽きることがない。にやにやしながらスマートフォンの画面を眺める光景は、端から見れば異様かもしれないが。

台風、地震、干ばつ――。自然災害が多いフィリピンではなんでもござれだ。どんよりした雨期の空に気分はめいるが、だからこそ、楽しむすべを身につけた者が勝ちなのだ。そうやって、フィリピン人は生きている。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「新型コロナウイルスも…(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

企業活動や公共交通再開へ 1日から制限緩和、首都圏などで(06/01)

地場航空3社、国内線などの運航一部再開(06/01)

コロナ感染新たに862人、累計1万8086人(06/01)

住友商事、LRT1号線運営会社に出資参画(06/01)

8460億ペソの追加景気刺激が必要=開発庁(06/01)

数週間以内に失業者300万人増、労働省(06/01)

税制改革の修正法案、経済界が早期成立訴え(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン