• 印刷する

テイクオフ:過去問をひたすら解く毎…

過去問をひたすら解く毎日です――。高校生活の大半を公務員試験用の勉強に費やす18歳の女子高校生と話す機会があった。彼女は韓国で「職業系高校」と呼ばれる専門学校に通うが、高2の段階で企業への就職の道を諦めたという。

職業系高校は、2017年には卒業生の就職率が5割を超えたが、今年(2月卒業生基準)は34.8%に低迷した。韓国政府が技能実習を実施する企業への審査を強化したことで、実習生がそのまま企業に入社するケースが大幅に減少。大卒からの就職よりも有利だとして「高卒成功時代」とも呼ばれたのもいまや昔の話になっている。

大企業や公共機関への就職を夢見て職業系高校に進んだ彼女は、進路を変更し「国家公務員9級」(日本の国家3種に相当)の採用を目指している。そうはいっても合格倍率は40倍。どちらにせよ、困難な道であることは間違いない。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催(01/21)

テイクオフ:韓国の旧正月には、家族…(01/21)

経営体制固めるサムスン トップ判決控え、安定と技術力で(01/21)

輸出に占める半導体比率、19年は10%台に(01/21)

サムスン、印ディスプレー工場に5億ドルか(01/21)

「働く能力あるが働かず」初の200万人超(01/21)

起亜がSUVを投入、目標販売台数は4桁(01/21)

韓国ITカカオ、越中部で送迎サービス開始(01/21)

重光武雄氏が死去、ロッテ創業者(01/21)

韓国・カナダFTA、貿易額が年平均1.9%増(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン