• 印刷する

テイクオフ:昨年来バンコクでは子連…

昨年来バンコクでは子連れで入れる映画館が増えている。ソファやおもちゃがあり、館内の照明は明るく、中には滑り台付きという映画館もあるようだ。チケット代は通常の映画館より割高で高級映画館さながらという。

間違えて子ども用の映画館を予約し、館内で唯一子連れではなかったという人のネットの書き込みでは、上映中も子どもたちは走ったり、飛び跳ねたりして遊んでいた。「この状況で親は映画を楽しめるのか」と疑問を持ったそうだ。

これに対してはさまざまなコメントがあった。通常の映画館は静かにしなければならず、騒ぐ可能性のある子どもを連れて行くことを控えてきた映画好き親にとっては、にぎやかな雰囲気でも楽しめるのではないか。だが、これはあくまで推測であり、確かめるにはその場に行ってみる必要があるが、どこかためらう自分がいる。(ギ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1人、死者1人を確認(2日)(06/03)

逆境下で海外流通大手が奮闘 タイ大手は最大都市に大型店(06/03)

コロナ禍、再エネ開発に試練 消費減と油価下落で構造改革論も(06/03)

【グラフでみるASEAN】輸出額(3月) 明暗分かれる、フィリピンは25%減(06/03)

テイクオフ:取材で商業施設の営業再…(06/02)

電子部品1Q決算、2.6%減益 コロナ影響もバーツ安で耐える(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン