• 印刷する

スタバ、インドで150店舗に

米コーヒーチェーン大手、スターバックスのインドの店舗数がこのほど、150店に達したことが分かった。グループで店舗開発を統括するジョン・カルバー氏の話として、PTI通信が11日に伝えた。

今年3月末時点の店舗数は146店で、4月以降に4店を開業した。首都デリーや西部ムンバイといった8都市に出店。年内に2都市に進出し、展開エリアを10都市に拡大するという。

スタバは、タタ・グループの飲料部門タタ・グローバル・ビバレッジズ(TGBL)と折半出資で設立した合弁会社を通じてインド事業を行っている。1号店は12年に開業。進出から6年余りで、店舗数を150店へと増やした。


関連国・地域: インド米国
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドにいくつの言語・…(07/18)

越からのTV輸入37倍に激増 韓大手が輸入シフト、業界が危惧(07/18)

ユニクロ、首都圏で秋に3店舗オープン(07/18)

「単一小売の外資規制を近く緩和」、商工相(07/18)

充電インフラの関心表明募集、6千台分(07/18)

NTT子会社、太陽光発電でタタと合弁(07/18)

電通、データ分析会社ウガムを買収(07/18)

印との砂糖紛争、WTOに解決要請=豪政府(07/18)

風力スズロン、1.7億ドルの債務不履行(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン