• 印刷する

成人の3割が高血圧、学会も立ち上げ

ミャンマーの18歳以上の成人のうち、高血圧患者が30%以上に達することが分かった。医師らは、健康的な生活により高血圧は改善するとして、バランスの取れた食事を取ることなどを呼び掛けている。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが9日伝えた。

高血圧患者の予防や治療を目的に、最大都市ヤンゴンでミャンマー高血圧学会が設立された。同学会の後援者の一人で、ミャンマー開業医協会のナイ・ウィン会長は7日の設立式典で、「世界的には50歳以上の4割が高血圧を患っているが、ミャンマーでは18歳以上で3割に達している」と警鐘を鳴らした。

同学会は、高血圧を改善するための啓蒙活動を行う。ナイ・ウィン会長は、「最新のノウハウを取り入れて、市民に情報提供していきたい」として、国際機関とも協力する意向を示している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

帰還、「準備したが実行できず」と政府発表(13:10)

「ロヒンギャ虐殺の意図」国連が国軍非難(13:10)

武装勢力が爆破の橋、完全復旧までに1カ月(13:10)

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/23)

ティーライブ、ミャンマーで年内に5店開業(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

テイクオフ:以前に住んでいたミャン…(08/23)

ロヒンギャ帰還実現せず、準備完了も安全懸念(08/23)

ムセーマンダレー鉄道の路線を選定、国鉄(08/23)

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン