• 印刷する

仮想通貨の関心高まる、政府の法整備などで

マレーシアで、仮想通貨取引に対する関心が高まっている。今年に入って関連法が成立し、先月には国内の取引業者3社に対してデジタル資産交換所(DAX)の事業認可を暫定的に与えるなど、政府が法的な枠組みを整備し、業界の健全な成長を促す方針を打ち出しているためだ。8日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

政府は当初、「仮想通貨は法定通貨ではない」として、デジタル通貨などに否定的な姿勢を示していた。だが、今年1月に「デジタル通貨、デジタルトークンの規制に関する法律(デジタル通貨新法)」を施行。先月4日には、仮想通貨などデジタル資産の取引業者をDAXとして条件付きで認可したと発表するなど、法制度の整備に取り組み始めた。

DAXの暫定認可を受けたルノ・マレーシアの親会社である英ルノのデビッド・ロウ・ゼネラル・マネジャー(東南アジア担当)は、DAXの認可を受けたことで、「投資家だけでなく、一般市民からも仮想通貨の取引形態や市場状況に関する問い合わせが認可前と比べて約3倍増えた」と話す。特に登録の方法や仮想通貨の預け入れなどに関する質問が多くなっているとコメントした。

マレーシア証券委員会(SC)も今月4日、仮想通貨を使った資金調達(ICO)やDAXに関する問い合わせや苦情が増えていると報告。ただ、ICOはいかなる形でも認可しておらず、指針の決定も先送りしているとして、投資家に注意を喚起していた。

DAXの設立、運営を認められた企業は、ルノとナジー・テクノロジーズ、トークナイズ・テクノロジーの3社。ルノは、9月までにSCが定める要件を完全に満たし、正式認可を取り付けたいとしている。

仮想通貨の情報サイト「コインマーケットキャップ」によると、ビットコインの相場は7日午後時点で1万1,231米ドル(約121万6,900円)。今年1月時点と比べて3倍の高値を付けている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/23)

ティーライブ、ミャンマーで年内に5店開業(08/23)

企業景況感が大きく悪化 法人税減税、企業4割が要望(08/23)

独メルセデス、現地工場から比へ輸出開始(08/23)

プロドゥア、小型車アジアの新型予約を開始(08/23)

RM1=25.4円、$1=4.18RM(22日)(08/23)

外国人労働者の影響、政府が包括的調査へ(08/23)

格付けMARC、来年上半期の利下げ予想(08/23)

安価な移動型小売店、首都圏の住宅地で開始(08/23)

融資却下の中小企業に助言、オンラインで(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン