• 印刷する

外国人通貨持ち出し緩和、1万ルピー上限に

インド準備銀行(中央銀行)は16日、外国人による出国時のルピー持ち出し規制を同日付で緩和し、空港での通関後も1万ルピー(約1万5,600円)までの持ち出しを認めると発表した。この結果、外国人は空港の免税店でルピーによる買い物ができるようになる。PTI通信が伝えた。

これまでは外国人が空路で出国する場合、手持ちのルピーを通関エリアを越えて携行することは認められておらず、搭乗前に免税店で買い物をする際に外貨で支払わなければならなかった。今後は1万ルピーまで持ち込み可能となるが、搭乗前に買い物などで使い切るか、外貨に両替することを求められる。

この規制緩和に伴い、国際空港で営業している両替事業者は通関後の免税エリアにも窓口を置くことが認められる。


関連国・地域: インド
関連業種: 金融運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

19年度の成長率4.2%、11年ぶり低水準(05/29)

30年で最大規模のバッタ襲来、食糧被害懸念(05/29)

テイクオフ:緊急事態宣言の解除後も…(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

二輪ロイヤル、四半期ごとに新型発売へ(05/29)

独VW、新たな購入支援策を導入(05/29)

空気圧縮機エルジ、中国子会社の閉鎖を決定(05/29)

日用品業界の設備稼働率、7割以上に回復(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン