• 印刷する

砂の禁輸措置、シンガポールの埋立と無関係

マレーシアのザビエル・ジャヤクマル水・国土・天然資源相は4日、マレーシア政府が昨年5月に実施した海砂の輸出禁止措置について、シンガポールに限って実施したものではないと述べ、同国が推進する埋立事業とは無関係だとの認識を示している。5日付スターが伝えた。

同相は「シンガポールは他国からも砂を購入できるし、誰もそれを止めることはできない。我々はいかなる国に対して埋め立てをやめさせる権利はない」と述べた上で、海砂の禁輸措置はマレーシアの環境問題によるもので、二国間関係を複雑化させることはないとの認識を示した。

国連の貿易統計データベースによると、シンガポールは2018年にマレーシアから5,900万トンの砂を輸入した。輸入量ベースで、シンガポールの砂輸入量の97%に当たり、またマレーシアの砂輸出量の95%に当たる。ただジャヤクマル氏は「砂輸出による収入はほんのわずかであり、政府の歳入には大きく影響しない」と指摘した。

輸出が禁止されたのは海砂だけで、川砂については依然輸出が可能となっている。


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の実家では、11日…(08/12)

コロナ適応でデジタル化進展 東南アで若者のオンライン利用増(08/12)

駐在員の出入国申請、17日から新システム(08/12)

入国者の隔離、研修施設は100リンギに減額(08/12)

RM1=25.3円、$1=4.20RM(11日)(08/12)

ヘルステックで地場との協業支援、ジェトロ(08/12)

手袋スーパーマックス、4~6月の利益29倍(08/12)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(6月) 上昇率が5カ国で加速、原油高などで(08/12)

ゴム手袋ハルタレガ、ス州セパンに土地取得(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン