• 印刷する

砂の禁輸措置、シンガポールの埋立と無関係

マレーシアのザビエル・ジャヤクマル水・国土・天然資源相は4日、マレーシア政府が昨年5月に実施した海砂の輸出禁止措置について、シンガポールに限って実施したものではないと述べ、同国が推進する埋立事業とは無関係だとの認識を示している。5日付スターが伝えた。

同相は「シンガポールは他国からも砂を購入できるし、誰もそれを止めることはできない。我々はいかなる国に対して埋め立てをやめさせる権利はない」と述べた上で、海砂の禁輸措置はマレーシアの環境問題によるもので、二国間関係を複雑化させることはないとの認識を示した。

国連の貿易統計データベースによると、シンガポールは2018年にマレーシアから5,900万トンの砂を輸入した。輸入量ベースで、シンガポールの砂輸入量の97%に当たり、またマレーシアの砂輸出量の95%に当たる。ただジャヤクマル氏は「砂輸出による収入はほんのわずかであり、政府の歳入には大きく影響しない」と指摘した。

輸出が禁止されたのは海砂だけで、川砂については依然輸出が可能となっている。


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/24)

グラブ、ドライバー契約で800リンギ贈呈(01/24)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

新型肺炎で26病院が受入態勢 旧正月の移動に警戒、保健省(01/24)

国内最大の浄水場が稼働、水道供給円滑化へ(01/24)

RM1=27.0円、$1=4.07RM(23日)(01/24)

三菱自、ピックアップ部門で唯一プラス成長(01/24)

デジタル銀行の認可、大手5社が申請を視野(01/24)

富裕層の貯蓄目的、子どもの教育が主(01/24)

ス州の投資誘致目標、20年は120億リンギ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン