• 印刷する

比海域の石油・ガス探査3カ所、入札を開始

フィリピン・エネルギー省は、フィリピンの周辺海域で進める石油・ガスの探査・開発で新たに海域3カ所を指定し、事業入札を公示した。昨年末に公示した14事業とは別で、入札は全て60日間で締め切られる。

対象は、ミンダナオ南西部スルー海、パラワン北西部、ルソン南東の3海域。入札の締め切りはそれぞれ8月16日、同19日、同20日となる。

同省は先に、フィリピン在来型エネルギー契約プログラム(PCECP)に基づき、カガヤン、パラワン東部、アグサン・ダバオ海盆など、総面積724万ヘクタールに及ぶ海域14カ所の入札を開始。指定した海域とは別に、開発地域の提案も受け付けた。

4日付ビジネスワールドによれば、マルコス次官は3海域の入札に関心を示している企業名や企業の国籍などは明かさなかった。一方先に入札を実施している事業については、6海域で11企業が21の入札書類を提出しているという。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末のマニラ湾沿いでは…(09/19)

中国10社、46億ドル投資 ミ島に製鉄所、車両など幅広く(09/19)

東南アの訪日者、8月は5カ月ぶり2桁成長(09/19)

日本電計など15社、測定器の展示会開催(09/19)

サンミゲル、新マニラ空港建設で正式契約(09/19)

債券市場の成長率、アジアで2位=ア開銀(09/19)

軍基地の通信設備、中国系排除は競争法違反(09/19)

港湾業者の認定制度、業界団体が批判(09/19)

発電フィンマ、再エネ事業に20億ドル投資(09/19)

カガヤン経済区庁、仮想通貨業者の業務停止(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン