今年後半の住宅価格、見通し分かれる

今年下半期(7~12月)の香港の住宅価格の見通しに関する見解が、不動産業界や市場関係者で分かれている。測量士や不動産仲介業者が米中貿易摩擦を警戒して慎重姿勢を強める一方、経済学者やアナリストは上昇の動きが続くと予想。先行きが見通せない中、投資家の足踏み状態が続い…

関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

週末住宅取引、新築は6倍の166戸(12:55)

テイクオフ:日本から香港へ友人が遊…(09/23)

日東メディック、ミャンマーに点眼剤を輸出(09/23)

中古住宅指数、5カ月で最低 専門家、さらなる下落を予測(09/23)

政府、5年で700ヘクタールの農地収用へ(09/23)

財政の健全性強調、投資呼び掛け=政府高官(09/23)

8月のCPI上昇率3.5%、前月から拡大(09/23)

5日続落、米中摩擦に様子見感=香港株式(09/23)

19年2QのSVF決済額、15%増(09/23)

クレカ取引額、2Qは前年同期比6.3%増(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン