• 印刷する

オラEV、ソフトバンクグループから2億ドル調達か

インドメディアによると、同国の配車サービス大手「OLA(オラ)」の電気自動車(EV)部門オラ・エレクトリック・モビリティーが、ソフトバンクグループから2億5,000万米ドル(約269億3,000万円)を調達し、企業価値が10億米ドルを超える「ユニコーン」入りしたもようだ。成長段階で行う「シリーズB」ラウンドの資金調達で、カリブ海の英国領ケイマン諸島を拠点とするソフトバンクグループ系企業が出資したという。オラ・エレクトリックが会社登記局(ROC)に提出した書類を基に、PTI通信などが3日までに伝えた。

ソフトバンクグループの広報担当者はNNAに対し、「回答は控える」とコメントした。

地元紙ファイナンシャル・エクスプレスは情報筋の話として、この出資によりソフトバンクグループはオラ・エレクトリックの株式25%を取得したと伝えた。ただ、オラ・エレクトリックの担当者もコメントを拒否しているという。

オラ・エレクトリックは5月にも初期段階の資金調達「シリーズA」ラウンドの一環として地場財閥タタ・グループのラタン・タタ名誉会長から出資を受けたほか、3月には米投資ファンドのタイガー・グローバル・マネジメントなどから40億ルピー(約62億5,500万円)を調達している。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車金融運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド経済に関するデー…(09/23)

建機部品のアジア輸出拠点へ 伊藤鋳造鉄工所、新工場で加工も(09/23)

法人減税で民間投資の促進へ 1.5兆ルピー規模、財政悪化の懸念も(09/23)

南部に医療インフラ拠点、日本輸出で初(09/23)

エーザイ、抗がん剤の販売で米マイランと提携(09/23)

鉄鋼ブルースコープがカルテル強要=競争委(09/23)

日通が地場同業に22%出資、国内物流を拡大(09/23)

国道公団、用地未取得の事業打ち切りへ(09/23)

マルチスズキ、祭事期に小型SUV投入(09/23)

タタ、5車種で装備充実の「プロ」仕様導入(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン