• 印刷する

《日系進出》ファスビー、台湾でEC注力

ECサイト「ファスビー」の正式運営開始を発表するFASBEEの齋藤由英代表取締役=2日、台北(NNA撮影)

ECサイト「ファスビー」の正式運営開始を発表するFASBEEの齋藤由英代表取締役=2日、台北(NNA撮影)

ファッション・アパレル商品のクロスボーダー電子商取引(越境EC)サイトを運営するFASBEE(ファスビー、東京都品川区)は2日、日本のアパレル商品を海外向けに販売するECサイト「ファスビー」の運営を正式に開始したと発表した。まずは台湾と香港でのマーケティングに注力する。

ファスビーは「ナノ・ユニバース」「スナイデル」「ミルクフェド」など、300以上の日本中価格帯ブランドのファッションアイテムをそろえる。販売対象地域は120カ国・地域。台湾と香港への送料は一律1回1,500円で、現在は期間限定で無料。その他の国・地域へは4,000円とする。サイトの言語は日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)に対応する。年間売上高は3年後に50億円を目指す。

FASBEEは2019年3月、EC事業などを展開するBEENOS(ビーノス、東京都品川区)と、アパレル企業ワールドの100%子会社でアパレルECサイトを運営するファッション・コ・ラボ(東京都渋谷区)との合弁で設立。資本金は2億円で、出資比率はビーノスが51%、ファッション・コ・ラボが49%。

FASBEEは、ビーノス子会社のtenso(テンソー、東京都品川区)が手掛ける海外発送サービス「転送コム」や代理購入サービス「Buyee(バイイー)」の会員を対象に、5月末からファスビーのテスト運営を開始。調整を経て正式に運営を始めた。

■中価格帯需要にらむ

台北市を訪れたFASBEEの齋藤由英・代表取締役はNNAに対し、台湾と香港に注力する理由について、「バイイーのファッションアイテムの売上高を国・地域別にみると、香港が34%、台湾が18%とトップ2を占めた」と説明。中でも台湾は、「ファストファッションの価格設定が他の国・地域に比べて高く、中価格帯ブランドの需要が高いと考えた」という。

今後は、まず台湾と香港に広告宣伝費を集中させる計画。台湾では大手ECサイトへの出店も検討しているという。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料繊維IT・通信小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

南宝樹脂など回帰投資7件を承認、計153億元(08/23)

財政部「貿易戦に強い恩恵」 振り替え受注で、輸出押し上げへ(08/23)

上期の半導体売上高、TSMCは世界3位(08/23)

7月のスマホ販売台数、前月比18%増(08/23)

泰碩電子、下期に増産・新製品投入の方針(08/23)

電動二輪車の協会発足、域内外の開拓加速(08/23)

工場生産の冷茶は15%の貨物税、税務当局(08/23)

製靴の宝成、下半期も東南アジアに投資(08/23)

ティアフォー、広達から10億円の資金調達(08/23)

工研院、検査までの多機能研磨機を開発(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン