• 印刷する

テイクオフ:日本では高級食パン・ブ…

日本では高級食パン・ブームが広がっているという。ある日本のグルメ番組で、高級食パンのおいしい食べ方を紹介するコーナーがあった。パンの幅を4センチメートルぐらいに分厚く切って表面に縦横の切れ目を入れる。その隙間にバターを入れてオーブンで焼くと、表面はカリカリ、中はふわふわとした食感を楽しめるとか。

週末の朝食は食パンを食べるため、自宅でも分厚いトーストを試してみようと思いたった。だが、行きつけの地元パン屋にあるのはカットされた食パンばかり。日本のように丸ごと一斤は売っていない。ネットで探すと、外国人駐在員が多く住む地区のベーカリーに、一斤ごと販売している店があった。

自宅から遠いが、それでも金曜夜に張り切って足を運ぶと、残念ながらお目当ての商品は店頭になかった。分厚いトーストを味わうためのベーカリー巡りが続きそうだ。(雪)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

金融技術革新に2.5億Sドル拠出=当局(20:30)

DBS銀、建設業向け自動決済システム導入(20:30)

独商工会、プラスチックのリサイクル促進(20:30)

シンガポール航空、乗務員に早期退職制度(20:30)

サービスアパートで在宅勤務、アスコット提供(20:30)

新規感染102人、計5万5497人(13日)(20:30)

テイクオフ:中華系シンガポール人の…(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン