新興国で新しい研修「留職」 日本のNPO法人が派遣を支援

会社員が企業研修の一環で、新興国の非営利団体(NPO)や社会的企業に「留職」するプログラムが注目されている。企業の海外拠点で語学や業務を学ぶ研修とは違い、本業のスキルを生かしながら新興国が直面している、社会的な課題の解決に取り組むのが留職の特長だ。事業を始めた…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: サービス雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

バタム市、企業などに衛生規律の順守を徹底(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

首都のPSBB違反1271社、違反は減少傾向(05/29)

ガルーダ航空国内便、搭乗に必要書類追加(05/29)

出入り許可証不所持、Uターン命令6千台超(05/29)

雲品酒店が中国市場進出へ、杭州にホテル(05/29)

高速道から17万台が首都に移動、過去3日で(05/29)

日産巨額赤字6712億円、2工場閉鎖・生産2割減(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン