• 印刷する

駐在員生活費、東南アジア全般で上昇

米コンサルティング大手マーサーが26日発表した「2019年世界生計費調査」で、東南アジアの外国人駐在員の生活費が全般的に上昇したことが明らかになった。特にカンボジア・プノンペンやフィリピン・マニラ、ベトナム・ハノイの上昇が目立った。

マーサーは世界209都市を対象に住宅、交通、衣料、家庭用品、娯楽など200品目以上の価格を調査。米ニューヨークを100として各都市の指数を算出し比較した。

東南アジア諸国連合(ASEAN)では、プノンペンが18年調査の世界142位から108位へと34ランク上昇。マニラは29ランクアップの109位、ハノイは25ランクアップの112位となった。

タイ・バンコク(40位)、インドネシア・ジャカルタ(105位)はそれぞれ12ランク上昇。シンガポールは3位で、18年(4位)から1ランク上昇した。

一方で、ミャンマー・ヤンゴンは91位から117位に下がっている。

ASEANで最も順位が低かったのはマレーシア・クアラルンプールで、141位だった。

シンガポールについては、住宅賃料(2ベッドルーム、家具なし)が月額3,250Sドル(約25万8,000円)、輸入ビール(330ミリリットル)の価格が2.38Sドルだった。

世界1位は香港、2位は東京で、いずれも前年から順位に変動はなかった。


関連国・地域: シンガポールASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(07/15)

経済成長率、初の2桁マイナス コロナ禍で約11年ぶり景気後退(07/15)

マレーシアとの出入国制限、8月10日に緩和(07/15)

政府、外国人労働者締め付け強化へ=シティ(07/15)

複合ケッペル、淡・海水の浄水施設稼働(07/15)

不動産業界、コロナ禍で上半期の業績悪化(07/15)

中国の防水材企業、シンガポールで特許取得(07/15)

新規感染347人、計4万6630人(14日)(07/15)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(5月) 上昇率が5カ国で減速、新型コロナ影響続く(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン