• 印刷する

マイリンウィラー、日本語対応の配車アプリ

高速バス大手のWILLER(ウィラー、大阪市)は26日、ベトナムのタクシー大手マイリン・グループとの合弁会社、マイリンウィラー(MaiLinh-WILLER)が、同国の首都ハノイでタクシー配車アプリサービスを開始したと発表した。ベトナム語のほか、日本語や英語での予約に対応し、日本人駐在員や出張者、旅行者などが安心してタクシーを使えるようにしている。

マイリン・グループのホー・フイ会長(左)とウィラーの村瀬CEO=26日、東京

マイリン・グループのホー・フイ会長(左)とウィラーの村瀬CEO=26日、東京

ベトナム国内には現在、最大手の「グラブ」をはじめ、約10種類の配車アプリがあるが、日本語での対応はマイリンウィラーが初めて。乗車前と乗車中にはドライバーに対して、アプリを通じて日本語で質問すると、自動的にベトナム語に翻訳されるチャット機能を備える。将来的に中国語と韓国語にも対応する。電子契約により乗車前に運賃が確定するため、従来のタクシー配車アプリのように、乗車前の見込みと実際の運賃が異なることもない。

配車アプリは、ハノイを運行エリアとするマイリンタクシー1,000台に導入した。10月までにハノイを中心とする北部で3,000台、ホーチミン市を中心とする南部で2,000台に拡大する計画だ。2020年には全国1万6,000台のすべてのマイリンタクシーに導入する。

■ハノイ―タインホアで都市間バス

マイリンウィラーはまた、ハノイと北中部タインホア省タインホア市を結ぶ都市間バス路線を8月に始める計画だ。リアルタイムでの遠隔監視や運行管理センターなど、ウィラーが日本で培った安全運行システムを導入する。

当初の運行車両は2台で、1日2往復4便を運行する。ベトナムの自動車組み立て生産大手チュオンハイ自動車(Thaco)と開発した車両に、長距離移動に快適な特別シートを搭載する。運賃は約700円。サービス開始から1年後には車両を10台まで増やし、路線もハノイやタインホアから20~100キロメートルの距離にある都市に拡大する計画だ。将来的にホーチミン市をハブとする都市間バスも見据える。

26日に東京都内で開いた記者会見に出席したウィラーの村瀬茂高最高経営責任者(CEO)は、「ベトナムでは国民の所得向上に伴い、運賃が多少割高でも安全、快適で清潔な運行サービスを求める利用者が増えている」と説明。10月にはタクシー配車アプリサービスと都市間バスサービスをシームレスにつなぎ、1度の予約、決済で自宅から目的地まで移動できるオンデマンド交通サービスを開始する方針も示した。

マイリンウィラーは17年11月設立。ホーチミン市に本社を置く。資本金は約1億円でマイリンが51%、ウィラーが49%を出資している。村瀬氏は、マイリンウィラーについて「当面は安全な運行体制の確立が優先課題」と話し、売上高などの具体的な業績目標は明らかにしなかった。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

繊維業界、機械や検品が活況 島精機、サービス武器に販売強化(07/17)

2Qの二輪車販売、4.4%減の75万台(07/17)

ベトラベル航空、20年10月の就航が目標(07/17)

ロンタイン空港、運輸省がFS報告書審査中(07/17)

日新電機が越3割増産、装置部品で域内分担(07/17)

縫製マツオカ、北中部にベトナム第4工場(07/17)

韓国農協銀が旅行社と提携、越QR決済促進(07/17)

食品PAN、製菓ビビカを公開買い付け(07/17)

台湾ミルクティー「テンレン」、営業終了へ(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン