韓国産熱延鋼板の関税率、米国が確定

米国商務省はこのほど、自動車や建築資材向けなどに使用される韓国産熱延鋼板に対する反ダンピング関税率をポスコは10.11%、現代製鉄は5.44%に確定した。米国政府は今月中旬に韓国産熱延鋼板に対する相殺関税率の引き下げも決定しており、昨年から高関税を理由に熱延鋼板の対米輸…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

周大福、4~6月の香港・マカオは11%減収(19:09)

SK、半導体材料調達で日本企業と協議(18:41)

現代自副会長が訪中、不振の事業を点検(18:36)

KRXがメリルリンチに制裁金、不正取引で(17:10)

テイクオフ:過去問をひたすら解く毎…(07/17)

サムスンは迂回輸入で調達か トップ帰国、輸出規制に備え(07/17)

現代自、EV事業に200億ルピーの投資計画(07/17)

フッ化水素の国産品テスト、半導体大手2社(07/17)

経産相が韓国主張に不快感、「事実と違う」(07/17)

現代自、1~6月の販売9%増(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン