韓国産熱延鋼板の関税率、米国が確定

米国商務省はこのほど、自動車や建築資材向けなどに使用される韓国産熱延鋼板に対する反ダンピング関税率をポスコは10.11%、現代製鉄は5.44%に確定した。米国政府は今月中旬に韓国産熱延鋼板に対する相殺関税率の引き下げも決定しており、昨年から高関税を理由に熱延鋼板の対米輸…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(16:33)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(16:33)

新型肺炎が海運業界にも打撃 市況悪化、コンテナ取扱量5割減(13:52)

2月の消費者心理指数、過去3番目の下落幅(16:33)

LG化学、米EVスタートアップに電池供給(16:39)

ロッテアルミ、東欧にEV電池部材工場建設(16:48)

テイクオフ:「感染予防への意識が欠…(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

日中韓から入国後は自己観察 14日間、教育省は自宅待機要請も(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン