• 印刷する

18年労働生産性、前年比2.2%上昇=貿産省

マレーシアの貿易産業省(MITI)は25日に公表した報告書で、2018年の1人当たり労働生産性が前年比2.2%上昇し、前年の8万1,268リンギ(約210万円)から8万3,037リンギとなったと明らかにした。

産業分野別では、建設業が7.4%、サービス業が2.8%、製造業が2.4%、農業が0.2%上昇した。一方、鉱業・採石業は7.9%下落した。

国営ベルナマ通信によると、17年の労働生産性は製造業が3.9%増、サービス業が4.2%増だった。ダレル・レイキン貿易産業相は報告書発表後の記者会見で、伸び率減少の理由について「世界経済の不透明感による輸出の抑制」を挙げた。その上で、「マレーシアは製造業を主力とする国で、他国からの受注減の影響が輸出の減速に現れている。ただ、米中貿易摩擦による打撃はマレーシアだけが受けているわけではない」と述べた。

また、24日にマレーシアを訪問していた国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事が「マレーシアが今後10年で先進国入りするためには、労働生産性の向上が必要だ」と指摘したことについて、レイキン貿易産業相は同意しつつも、「マレーシアの生産性は決して低くはないが、不十分な点を特定することが必要だ」との見解を示した。さらに、デジタル分野など将来性ある仕事に結び付く教育に力を入れていくと話した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ベルジャヤ上期決算、1.8億リンギの損失(02/28)

パブリック銀、過去10年で初の減益(02/28)

ペトロナス化学部門、通期41%減益(02/28)

NAPは自動車価格に影響なし、サイム(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(18:20)

山田コンサル、地場同業と業務提携(02/28)

特別国会で新首相決定へ 来月2日、国王の議員面談実らず(02/28)

政府が景気刺激策発表、200億リンギ規模(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

<資料>マレーシア政府の2020年景気刺激策(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン