• 印刷する

《日系進出》明治屋が16年ぶり新店舗、他国への足掛かりに

食料品の小売・製造などを手掛ける明治屋(東京都中央区)は6月27日、シンガポールの中心部にある複合施設内に新たな店舗をオープンする。海外では16年ぶり、同国では2カ所目となる新店舗を、アジア他国への事業展開の足掛かりとする考えだ。

複合施設「グレート・ワールド・シティー」で27日に開業する明治屋の新店舗=25日、シンガポール中心部(NNA撮影)

複合施設「グレート・ワールド・シティー」で27日に開業する明治屋の新店舗=25日、シンガポール中心部(NNA撮影)

新店舗は現地法人の明治屋シンガポールが、中心部リバー・バレーの複合施設「グレート・ワールド・シティー」の地下2階に設置した。スーパーのほか、北海道から直輸入したスイーツや飲料などを販売する「北海道どさんこプラザ」とイートインスペースの「北海道フードプラザ」を併設する。

店舗の総面積は1,563平方メートルで、うちスーパーが1,294平方メートルを占める。イートインスペースには、ラーメンなど食品の販売を手掛ける西山製麺(札幌市)がシンガポール1号店を構える。

取扱品目数は計4,150。現地の富裕層や家族連れを主要なターゲット層とする。シンガポール1号店の顧客層は地元住民が7割、日本人が3割だが、2号店は地元住民の割合を8割に引き上げる計画だ。

新店舗の現地スタッフは53人。明治屋シンガポール全体の日本人従業員数は7人だ。2号店の開設には数百万Sドル(1Sドル=約79円)を投じた。売り上げは、規模が大きい1号店の約7割を目指す。

明治屋は、今年初めにグレート・ワールド・シティー側から出店のオファーを受けた。立地が良く、高い需要が見込めることから開業することにした。

2018年4月に始まった同施設の大規模改修工事は20年に終了する予定。翌年には近隣に都市高速鉄道(MRT)トムソン・イーストコースト線(TEL)のグレート・ワールド駅が開業する予定で、さらなる集客を見込む。

シンガポールの日系小売店では過去1年半で、総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」の東南アジア向けのブランド「ドンドンドンキ」が店舗を拡大。現地の消費者の間で日本食品の購入先として賑わっている。

明治屋シンガポールの名越秀二常務取締役は「当社は商品やサービス、店の雰囲気など細部までこだわった事業展開をしている。『ドンドンドンキ』とはコンセプトが異なるため、競合にはならない」と話した。

■1号店、20年までは継続

明治屋のシンガポール1号店は、中心部の商業施設「リャンコート」にある。03年にオープンした。

周辺ではビルの再開発が進んでおり、明治屋も移転が取り沙汰されているが、まだ決まっていない。少なくとも20年までは営業を継続する。

明治屋の海外店舗は現在シンガポールのみ。かつてはオランダのアムステルダムにも店舗を構えていたが16年に撤退した。

明治屋は、16年ぶりの海外での新規出店となったシンガポール2号店を皮切りに、ベトナムなど他国市場に進出したい考え。明治屋シンガポールの名越取締役によると、進出先の候補としては、文化的に近い東南アジアをはじめとするアジア地域が有力だ。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事終わりに、日本料理…(07/18)

輸出が4カ月連続で2桁減少 電子不振、通年マイナス確実に(07/18)

東南アの訪日者、6月は横ばいの27万人(07/18)

清掃ロボットベンチャー、300台の納入契約(07/18)

砂糖調整品の生産能力1.5倍へ、三井物産(07/18)

米ウィーワーク、金融街のビル1棟賃借へ(07/18)

周大福、4~6月の香港・マカオは11%減収(07/18)

洪水対策に4億Sドル拠出=環境相(07/18)

独DHL子会社、顧客倉庫にスマート技術提供(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン