• 印刷する

エアアジア、8月に国内線5路線が就航

マレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジアは24日、8月からインドネシアで新たに国内便5路線を就航させると発表した。同社が拠点空港として整備を進める西ヌサトゥンガラ州ロンボク島やバリ島など観光地を中心に路線を強化する。

ロンボクを離着陸する路線は、首都ジャカルタ、バリ、ジョクジャカルタとの直行便となる。このほか、コモド島に近い東ヌサトゥンガラ州ラブアンバジョとバリ、6月に供用が開始された西ジャワ州マジャレンカ県のクルタジャティ国際空港と東ジャワ州スラバヤも直行便で結ばれる。

6月30日までにエアアジアのホームページから、出発日が8月1日~10月26日のチケットを購入する場合は割引運賃が適用される。ジャカルタ―ロンボク線の片道運賃は最安で63万5,000ルピア(約4,800円)。バリ―ロンボク線は最安で片道24万3,000ルピア、スラバヤ―マジャレンカ線は同62万6,000ルピアで販売する。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(20:56)

バンドン高速鉄道、肺炎影響に異なる見解(19:42)

多目的ダム8カ所が年内に完成=公共事業省(20:22)

電力分野の投資誘致、5年で390億ドル目標(20:22)

テイクオフ:知人に誘われ久しぶりに…(02/24)

東南アIT業界への投資活況 1億ドル企業ひしめく、多様化へ(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

ダイセイグループが事業拡大 運営統合、コンテナ飲食店も開業(02/24)

人口の多い新興国でベンチャー産声=鈴木氏(02/24)

日本人の入国拒否、感染疑いでインドネシア(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン