• 印刷する

テイクオフ:中国本土への容疑者引き…

中国本土への容疑者引き渡しを可能にする条例改正案に絡み、香港で抗議活動が続いている。

2週間連続、合計300万人を動員したデモ。外国政権に対する香港の現状のアピール。本土系の銀行から貯金を下ろして、口座までキャンセルする経済面での作戦。さらに、2014年の香港大規模民主化デモ「雨傘運動」のように、市民の批判を買う事態を避けるために、一つの場所を占領しても翌日には解散する。そしてまた集まって再び活動する。香港人らしく概ね非暴力的に抗議活動を展開している。

従来のデモと異なり、一つの団体か一人のリーダーの指示に従うのではなく、ネットや通信アプリで抗議活動の最新情報を集め、抗議者らが自発的に参加しているのも特徴だ。自分なりのやり方で政権に反対の声を発している香港人、今回はどのような結末を迎えるか。(伊)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

北角の寺院訪問者さらに1人感染、計93人(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(02/28)

政府、歳入拡大策検討へ 財政赤字GDP比、警戒水準超え(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

香港政府、公共サービス徐々に再開へ(02/28)

医療・衛生部門への支出2桁増に、政府(02/28)

政府予算案、イノベ分野に120億$確保(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(02/28)

3.5億$拠出し物流事業のIT化支援、政府(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン