• 印刷する

テイクオフ:中国本土への容疑者引き…

中国本土への容疑者引き渡しを可能にする条例改正案に絡み、香港で抗議活動が続いている。

2週間連続、合計300万人を動員したデモ。外国政権に対する香港の現状のアピール。本土系の銀行から貯金を下ろして、口座までキャンセルする経済面での作戦。さらに、2014年の香港大規模民主化デモ「雨傘運動」のように、市民の批判を買う事態を避けるために、一つの場所を占領しても翌日には解散する。そしてまた集まって再び活動する。香港人らしく概ね非暴力的に抗議活動を展開している。

従来のデモと異なり、一つの団体か一人のリーダーの指示に従うのではなく、ネットや通信アプリで抗議活動の最新情報を集め、抗議者らが自発的に参加しているのも特徴だ。自分なりのやり方で政権に反対の声を発している香港人、今回はどのような結末を迎えるか。(伊)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

「条例改正案の撤回を」、香港総商会が声明(19:53)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:6月中旬以降、政治的な…(07/23)

大手の悲観傾向強まる 3Q景況感、社会混乱が影響か(07/23)

6月のCPI上昇率3.3%、0.5P拡大(07/23)

日系イベント情報(7月2回目)(07/23)

中国政府に抗議の矛先、香港デモ=対応に苦慮(07/23)

中国、香港デモ批判強める=政府の権威に挑戦(07/23)

白服の集団、MTR元朗駅で市民に暴行(07/23)

デモ計画を変更か、元朗での暴行事件受け(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン