• 印刷する

東元、1500万元で桃園に植物工場

台湾電機大手の東元電機(TECO)は19日に台北市内で開幕した台湾最大の食品見本市「台北国際食品展覧会(フード台北)」で、1,500万台湾元(約5,200万円)を投じて、桃園市観音郷に植物工場を設置したことを明らかにした。食材の安定供給と品質確保が狙い。

20日付時報資訊などによると、植物工場の建設は2期に分けて行っており、第1期の面積は約200坪。現在4、5種類の高級野菜を栽培しており、2度の試作を経て、台湾で合弁展開するハンバーガーチェーン、モスバーガー(中国語名:摩斯漢堡)向けに供給する。

同社はフード台北の会場で、2代目のサービスロボットや省エネが売りの業務用インバーター冷蔵庫などの新製品を発表。2代目のサービスロボットは既に台湾で50台を受注しているほか、7月にはオーストラリアにも1台を出荷する予定という。今後は飲食店だけでなく、セキュリティー企業や医療機関などからの受注を獲得したい考え。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 電機食品・飲料農林・水産その他製造サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾では現在、隔離対象…(04/01)

台北繁華街の空室率が上昇 新型コロナで、賃料は4割下落も(04/01)

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(04/01)

国巨、MLCCの生産が受注の半分以下に(04/01)

仁宝、20年PC出荷量は横ばい維持へ(04/01)

日月光が資金調達計画、277億元超か(04/01)

群聯が新工場着工、22年初めに稼働開始へ(04/01)

PCB欣興、資本支出を過去最高の240億元(04/01)

裕隆が36%減資、創業以来初(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン