• 印刷する

排出権の取引、累計で二酸化炭素3.1億トン分

2013年から全国7省・直轄市で試験的に実施されてきた温室効果ガスの排出権取引制度の累計取引規模が、これまでに二酸化炭素(CO2)にして3億1,000万トン、取引額は約68億元(約1,069億円)となっていることが分かった。新華社電が19日に伝えた。

同日は「中国低炭素デー」に定められており、江西省南昌市で開かれた関連イベントで生態環境省の担当者が明らかにした。中国は13年6月から、北京、上海、天津、重慶、湖北、広東、深センの7省・市で試験的に排出権取引制度を実施している。

担当者によると、国内総生産(GDP)当たりのCO2排出量は18年に05年比で45.8%減少しており、「20年までに05年比で最大45%削減」との目標を前倒しで達成した。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

テイクオフ:広州の街中ではよくコウ…(04/01)

「消費券」で内需振興 各地で発行、外食や文化産業対象(04/01)

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(04/01)

製造業PMIが大幅改善、3月は52.0(04/01)

国巨、MLCCの生産が受注の半分以下に(04/01)

2月の外国人宿泊40%減、落ち込み震災以来(04/01)

無症状感染者への対策、発見と隔離を強化(04/01)

大学入試を1カ月延期、新型コロナで(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン