• 印刷する

タンカム、健康食品バイブカフェに65%出資

カンボジア登記のウズベキスタン系投資会社タンカム・インベストメントはこのほど、カンボジアでベジタリアン・レストランや健康食品の販売を手掛けるバイブ・カフェ・ホスピタリティーの株式65%を取得した。取得価額は非公開。地元各紙(電子版)が19日伝えた。

ヘルスケアや電子商取引(EC)業界などに投資してきたタンカムにとって、食品分野の企業の株式取得は初めて。バイブ・カフェは、ベジタリアン・レストランの「バイブ・カフェ」を首都プノンペンと北西部シエムレアプ州に各1店舗、健康食品を販売する「バックヤード・カフェ」をプノンペンに1店舗展開。ECサイトの米アマゾンを通じて健康食品なども販売している。創業者のエマ・ファウンテン氏は、タンカムの出資後は株式の31%を保有し、最高経営責任者(CEO)にとどまる。

バイブ・カフェは、タンカムから調達した資金でフランチャイズ(FC)方式を取り入れ、多店舗展開を加速する。エマ・ファウンテンCEOは、「タンカムの支援により、FCを通じて世界に進出するチャンスが広がった」と語っている。


関連国・地域: カンボジア中央アジア
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

非常事態宣言、発令向け法整備進める(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

感染者109人に、マスク520万枚配布(04/01)

首相の内閣改造計画、下院が承認(04/01)

金融業界に6億米ドル拠出、低利融資を支援(04/01)

ダナン市、隣国との越境輸送許可を一時停止(04/01)

カンボジア事業強化、政府系2銀行が増資(04/01)

3月の航空便40%減、減便・運休相次ぐ(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン