• 印刷する

トラベラーズ、年内にホテル客室3500室超え

マニラ首都圏パサイ市のカジノ統合型リゾート(IR)「リゾーツ・ワールド・マニラ(RWM)」を運営するトラベラーズ・インターナショナル・ホテル・グループは、年内に運営するホテルの客室数を3,555室に拡大する。下半期(7~12月)に開業予定の「ホテルオークラマニラ」を合わせ、海外大手ホテル3軒で計940室ほどが増える予定だ。地元紙ビジネスミラーが伝えた。

ホテルオークラマニラは、地上11階建てで、客室数が188室、標準客室面積は約50平方メートルとなる。トラベラーズのキングソン・シアン社長兼最高経営責任者(CEO)によると、同社は2018年10月に「ヒルトン・マニラ」(357室)、19年1月に「シェラトン・マニラ・ホテル」(390室)を開業していた。オークラを含む3つのホテルは、いずれもRWMの第3期開発「グランド・ウイング」内に位置する。

グランド・ウイングの開発により、RWMのゲーム用テーブルは625台、スロットマシンは2,300台に増える。

シアン氏によれば、RWMの18年の来場者は1,040万人で、1日平均で2万8,500人だった。ホテルオークラマニラなどの開業により、20年には1日4万~5万人を見込んでいる。

オークラはこのほか、トラベラーズの子会社リゾーツ・ワールド・ベイショア・シティー(RWBCI)が首都圏パラニャーケ市のマニラ湾岸部に建設するホテルも運営する。「ホテルオークラ」ブランドとなる同ホテルは地上13階建て、客室数380室で、23年の開業を予定している。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産観光メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:知らぬ間にマスクの価格…(08/10)

コロナ感染者、東南ア最多に 政府は否定、検査数で大差(08/10)

コロナ感染新たに3109人、計12万9913人(08/10)

アビガン治験近く開始、保健省(08/10)

比人の配偶者、入国にビザ必要=入管(08/10)

国巨の7月売上高2倍に、米同業の買収効果(08/10)

コロナ陽性者の隔離部屋、企業に設置義務(08/10)

政府、優先インフラ8事業を棚上げ(08/10)

今年の新車市場40%減に、自工会(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン