「危機意識持て」と指摘、サムスン李副会長

17日付韓国経済新聞などによると、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長はこのほど、IT・モバイル事業などを担当するIM部門の役員との会議で「どんな企業であっても、10年後にはどうなっているかわからない」と述べ、危機意識を持って経営に取り組むべきと指摘した。 …

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(20:56)

韓国で新型肺炎拡大、電子製品を台湾振替か(19:37)

(表)24日午後、新型肺炎の感染者833人(18:09)

早期の利下げ観測高まる、新型肺炎拡大で(17:57)

キャセイ、沖縄・新潟線も運休(21:00)

ポスコとOCIが合弁、過酸化水素を生産(18:24)

新型肺炎、感染者30人に拡大(19:42)

韓国から入境の外国人に隔離措置、25日から(19:58)

自動車ショーの出展数が倍増 現地生産モデルが台頭、中国車も(02/24)

テイクオフ:「ウイルスは電車のつり…(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン