豪の各種料金、7月1日から続々改定

オーストラリアでは新年度の始まる7月1日から、授業料や最低賃金、電気料金など、各種の改正が実施される予定だ。デイリー・メールが伝えた。 最低賃金は7月1日から週21.60豪ドル(約1,610円)引き上げられ、同740.80豪ドルとなる。これにより年間賃金は税引き前で3万8,521.…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 自動車・二輪車金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで在宅勤…(04/01)

給与補助、申請既に20万件 600万人が恩恵か(04/01)

豪労働市場、IT・医療・財務で需要拡大(04/01)

バニングス閉鎖の危機、マイヤー契約違反も(04/01)

小売大手が発注中止、サプライヤーに圧力(04/01)

自動車部品大手、コロナ理由に?支払い遅延(04/01)

競争委、スーパー大手の独占加速を懸念(04/01)

商業施設は営業時間短縮、テナント閉店多く(04/01)

スマホ位置情報での感染監視、豪は不支持(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン