• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕えっ、豪での夏季五輪開催はムリ?

国際オリンピック委員会(IOC)が夏季五輪の開催期間を7~8月と定めたことから、クイーンズランド(QLD)州南東部を除くオーストラリアの各都市は事実上、今後の夏季五輪の開催地として立候補することが困難になった。背景には、米国での独占放映権を持つ放送局NBCの意向があるという。オーストラリアンが伝えた。

夏季五輪は2020年に東京で開催された後、24年には仏パリ、28年には米ロサンゼルスで開催されることが決まっている。東京での開催は2回目、パリとロサンゼルスでの開催はそれぞれ3回目だ。

NBCは夏季五輪の2032年までの米国内の独占放映権を獲得するためIOCに総額で23億米ドル(約2,497億円)を支払うことになっている。これは23年までのIOCの総収入の約40%に上る。NBCは他の主要なスポーツイベントと重なるのを避けるため、7~8月の夏季五輪の開催をIOCに要望したものとみられている。

メルボルンでは1956年11月22日~12月8日に、シドニーでは2000年9月15日~10月1日でそれぞれ夏季五輪を開催。両都市とも十分な人口とスポーツ施設、各種インフラを備えているが、7~8月は冬にあたる。

オーストラリア・オリンピック委員会(AOC)のコーツ委員長は、国内では7~8月に夏季五輪を開催するための気候と人口、インフラを備えているのはQLD州南東部の都市に限定されるとコメント。だが、同委員会のシドニーの委員であるヒューム氏は、シドニーの7~8月の最高気温が10度台後半から20度台前半に達することから、夏季五輪の開催は可能だと主張している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アジア太平洋のM&A、新型肺炎で活性化へ(17:15)

豪の民間医療保険、昨年末に1万人弱が解約(17:15)

ニューカッスル港の石炭脱却、州政府が阻害(17:15)

テイクオフ:仕事が休みだったある日…(02/24)

豪2百社の6割、気候変動無策 投資家は対策を要望(02/24)

固定資産絡みの人件費控除、国税局が変更案(02/24)

肺炎で航空会社損失3兆円、アジア直撃(02/24)

豪ドル為替、世界金融危機以来の低水準(02/24)

楽天モバイル、豪通信子会社に5G技術提供(02/24)

三井物産、WA産硫酸カリの5年購入で合意(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン