• 印刷する

ベトナムの完成車輸入、1~5月は6.5万台

ベトナム税関総局が発表した2019年1~5月の完成車(CBU)輸入台数は6万4,795台、金額ベースでは14億2,000万米ドル(約1,540億円)に上った。13日付ダウトゥ電子版が報じた。

輸入元ではタイが3万8,386台、7億6,200万米ドルで、台数、金額とも最多だった。次いでインドネシアの1万9,477台、2億7,600万米ドル、中国の2,059台、8,940万米ドルが続いた。タイとインドネシアには輸入関税率0%が、中国には低い税率が適用されている。

金額ベースで4位以下は日本(7,700万米ドル)、ドイツ(4,750万米ドル)、ロシア(4,648万米ドル)、米国(2,310万米ドル)、韓国(2,295万米ドル)の順。

ベトナム自動車工業会(VAMA)が発表した1~5月の販売台数は、前年同期比18%増の11万9,497台で、うちノックダウン生産による国産車(CKD)は14%減、CBUは18%増だった。CBUの輸入は17年の9万7,309台、22億4,000万米ドルから、18年にはCBUの輸入を制限する政令116号(116/2017/ND―CP)の影響で8万2,865台、18億2,000万米ドル近くへと減少したが、18年下半期(7~12月)以降は回復基調にある。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/19)

企業庁と地場VC、HCM市と企業支援で提携(07/19)

越のFDI、香港が首位独走 米中摩擦で「加速」、域内で存在感(07/19)

トヨタ、MPV「アバンザ」新型を発売(07/19)

自動車とバイク登録料、算定基礎価格が改定(07/19)

ビントゥアンの国際港、外国貨物船が初寄港(07/19)

ゴジェック運転手がデモ、報酬基準変更で(07/19)

タイ、ベトナムの車輸入規制をWTOで提議(07/19)

首相、有料道路へのETC設置強化を要請(07/19)

コージー株、HNXからHOSEに移行(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン