小幅続落、前日の衝突が影響=香港株式

13日の香港株式市場は小幅に続落して終了した。香港で前日発生したデモ参加者と警察との衝突がなお影響し、ハンセン指数は朝方に27000の節目を下抜けた。ただ中国A株の上昇を好感する動きも広がり、後場に下げ幅を縮めた。ニュースサイトの新浪網などが伝えた。 ハンセン指数の終…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

越のFDI、香港が首位独走 米中摩擦で「加速」、域内で存在感(07/19)

社会不安が労働者に影響 建設など110万人に、工聯会(07/19)

スタンチャート、経済成長予測を下方修正(07/19)

4~6月の失業率、15期横ばいの2.8%(07/19)

一部統計でマイナスも、政府は業界と協議へ(07/19)

抗議デモ、小売店への影響拡大=売上半減も(07/19)

高級賃貸オフィス、6月成約面積は6割減(07/19)

金鐘の企業が共有オフィス検討、デモ対策で(07/19)

極小住宅で損失か、本土デベロッパー(07/19)

「資金流出起きていない」、金発局会長(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン