• 印刷する

コメ農家が政府介入求めデモ、価格下落で

ミャンマー中部バゴー管区ピー郡区で10日朝、コメ価格の下落で困窮する生産者100人以上が、政府の介入による事態打開を求めるデモを実施した。イレブン電子版が11日伝えた。

ミャンマーでは、国産米の最大輸出先である中国への夏期米の出荷が一部規制されていることから国内の在庫が増大。コメの最低競売価格は現在、100カゴ(1カゴ=約20.86キロ)当たり約41万チャット(約2万9,000円)に落ち込んでいる。

ある農家は、コメ価格が100カゴ当たり40万チャットまで下落し、コメ農家は1エーカー(約4,047平方メートル)当たり約10万チャットの損失を被っていると指摘。「高い生産コストを賄うため、政府の貸し付けを利用しているが、コメ価格の下落で返済できない」と窮状を訴えた。

別の農家は、「1エーカー当たりの生産コストは約7万チャットだが、コメ価格は1カゴ当たり約4,000チャットに下落した」と述べ、適正価格での政府の買い取りを要請した。

バゴー管区では、別の郡区でも5月24日に農民が同様のデモを行い、政府とミャンマー・コメ連盟(MRF)に対して、100カゴ当たり50万チャットでコメを買い取るよう求めた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー発電所、売電契約の締結間近か(15:30)

保険市場成長に弾み期待 外資開放後、初のサミット(06/14)

テイクオフ:タイ出張中に訪れた西部…(06/14)

〔寄り道〕日本の中古車があふれる…(06/14)

投資環境改善へ業務標準化、6関連機関で(06/14)

外資もコメ輸出が可能に、商業省が規制緩和(06/14)

10~5月の農産品輸出額、11%増(06/14)

正ワイ、インド・ミャンマーに生産拠点分散(06/14)

マグウェー、ガソリン精製を企業に認可(06/14)

マグウェーの警察幹部ら、収賄容疑で告訴(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン