「為替操作国」のリスク浮上 認定なら米中摩擦の恩恵が減少も

堅調な成長が続くベトナム経済に、近い将来「為替」問題が水を差すかもしれない。米国によって、今年後半にも「為替操作国」として認定される可能性がにわかに高まっているためだ。米国と中国の貿易摩擦により生産拠点の集積が進むとみられているベトナムだが、為替操作国に認定さ…

関連国・地域: 中国韓国ベトナムマレーシアシンガポール日本欧州
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/24)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

ベトナムで石炭輸入急増、環境負荷に懸念(01/24)

ガルフの越太陽光発電、ADBが41億円融資(01/24)

屋外広告マスター、ベトナム同業に25%出資(01/24)

ベトナム国営ゴム、農園の拡張を計画(01/23)

デュシタニ、越のケータリング会社を買収へ(01/23)

越で増える新興ヘルステック 「Med247」、医療の改善に一役(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン