土地の権利書、153件の重複発行を確認

ラオス全土で、土地の権利書の重複発行が少なくとも153件発生していることが、同国国会の調査で分かった。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が11日伝えた。 重複発行が見つかったのは、サワナケート県(44件)、首都ビエンチャン(17件)、チャンパサック県(15件)、サイニャブリ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

経済開発帯の創設を歓迎=瀾滄江メコン会議(02/24)

JALUXが首都空港に免税店を開設(02/21)

トンルン首相、汚職摘発強化を指示(02/21)

中ASEAN特別外相会議、きょう開催(02/20)

ラオス政府、首都の大気汚染に警戒強める(02/19)

後発3カ国の対日輸出8.7%増 19年、堅調な中に新たな課題も(02/18)

メコン川委、プラごみの流入経路を調査へ(02/18)

日本が医療用品を支援、新型コロナ対策で(02/18)

次期社会経済開発計画の草案を協議=運営委(02/17)

政府、降雨不足で国民に節電呼び掛け(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン