• 印刷する

マイクロ金融の融資利率を引き下げ、政府

ミャンマー政府は、マイクロファイナンス(小口金融)法で規定するマイクロファイナンス機関の融資に伴う上限年利をこれまでの30%から28%に引き下げた。5日付で通知したが、新たな金利の適用はそれに先立つ1日からだとしている。

今回の改定では同時に、融資先から担保の一部として引き受ける強制預金の金利を最低15%から14%に引き下げた。自発的な任意預金の金利は従来通り最低10%。

ミャンマー・マイクロファイナンス協会(MMFA)は、国内のマイクロファイナンス機関は改定前の融資年利をもとにした事業計画を既に策定しており、即座に対応するのは難しいと指摘。政府に対し、新たな利率を適用するまでに準備期間を設定するよう求めている。

国内では今年4月時点で、外資や国際的な非政府組織(NGO)を含む181事業者がマイクロファイナンス事業を展開している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

グラブが国営会社と保険提供 運転手と乗客向け、チャブが協力(06/20)

商業省、酒類の輸入規制緩和を検討(06/20)

電力需要が予想超え、供給不足に懸念も(06/20)

KBZ、米ヒューズの衛星通信システム導入(06/20)

国営航空、赤字続きで再編必要=公会計委(06/20)

タイのイチタン、ダゴンとエナジー飲料発売(06/20)

民主活動家の新党、NLDと初会合(06/20)

スー・チー氏が74歳に、NLDが記念植樹(06/20)

難民・避難民7千万人超す、国連発表(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン