今年の医療費は平均12%上昇 東南ア、従業員の健康促進が鍵

東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国の医療費は、2019年に平均11.8%上昇する見込みであることが、米コンサルティング大手マーサー傘下のマーサー・マーシュ・ベネフィッツの調査で明らかになった。特にベトナムやフィリピン、マレーシアで上昇率が高くなる見通し。同社は、…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

人材確保は域内他国より容易、ヘイズ調査(17:53)

ビル管理ISO、植物園などの改修工事受注(17:52)

1~9月商業不動産投資、都市別で世界8位(16:57)

地場天然ゴム大手、アフリカでNGOと提携(14:22)

1~9月の起業純増数、前年同期下回る(13:50)

3Q経済成長率の改定値0.5% 前期より回復、今後は上昇基調か(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

3Q輸出額1割減、通年の伸び率下方修正(11/22)

MRTの新車両基地、中国企業が受注(11/22)

日系店舗が多い商業施設、再開発確定(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン