IPO、7月から加速見通し PEの投資回収としても脚光

インドでは2019年下半期(7~12月)に新規株式公開(IPO)が活発化しそうだ。5月の下院選(総選挙)でモディ政権の続投が決まり、経済改革への期待などから企業の資金調達活動が拡大する可能性がある。大手会計事務所アーンスト・アンド・ヤング(EY)は今年の実施件数が18…

関連国・地域: インド
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドにいくつの言語・…(07/18)

越からのTV輸入37倍に激増 韓大手が輸入シフト、業界が危惧(07/18)

ユニクロ、首都圏で秋に3店舗オープン(07/18)

「単一小売の外資規制を近く緩和」、商工相(07/18)

充電インフラの関心表明募集、6千台分(07/18)

NTT子会社、太陽光発電でタタと合弁(07/18)

電通、データ分析会社ウガムを買収(07/18)

印との砂糖紛争、WTOに解決要請=豪政府(07/18)

風力スズロン、1.7億ドルの債務不履行(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン