• 印刷する

テイクオフ:欧米では1970~80…

欧米では1970~80年代にはやった、都会的なイメージが特徴の日本のシティーポップに人気が出ているという。動画投稿サイトを眺めると、山下達郎や竹内まりやなどの動画に海外から高い評価や好意的なコメントが寄せられている。当時の洋楽を意識した独自のリズムとサウンドがウケている、とのことだが、正確な理由はよく分からない。

ある時、「インドネシア・シティーポップ」という動画を発見した。聴いてみると、日本のシティーポップと遜色のないものだった。インドネシアでは2000年代に入ってもシティーポップのコピーバンドが登場しており、中には人気のあるバンドもいるとか。

少なくともインドネシア=ヘビーメタルだけでないようだ。それにしてもなぜシティーポップが、日本の音楽がはやった中華圏よりもインドネシアで受けているのか。興味深い。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

DBS銀、ゴジェックとモバイル決済で提携(01:40)

ハラル認証の取得義務、5~7年間の猶予(06/14)

B30の使用義務化で軽油輸入を大幅削減へ(06/14)

5月の公式原油価格が低下、貿易戦争の影響(06/15)

製錬所建設、25%の進捗指示 年内未達なら鉱物の輸出禁止も(06/14)

研究開発や職業訓練に大幅減税、月内公布(06/14)

エネ鉱省、B30の公道試験走行を実施(06/14)

コモド島、21年から1年間閉鎖=州知事(06/14)

新法施行前にハラル工業団地の開発促進(06/14)

インドネシアの都市開発に5千万ドル融資(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン