• 印刷する

米中貿易摩擦、越GDP6兆ドン引き下げも

米国と中国の貿易摩擦によって、ベトナムの国内総生産(GDP)は今後5年間で6兆ドン(2,601万米ドル、約279億円)減額する可能性がある――ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相が6日、国会で明らかにした。VOVニュースが7日に伝えた。

ミン副首相によれば、米中貿易摩擦が深刻化し始めた昨年以来、政府はベトナム経済に及ぼす影響について複数のシナリオを検討してきたと説明。その結果、短期的には輸出増につながるものの、長期的には輸出減を引き起こす可能性があると指摘した。

また同副首相は、増加が続くベトナムへの外国直接投資(FDI)について、近代的で環境配慮型の産業振興につながるものを優先すべきだと強調。再輸出目的のベトナムへの輸入品に対しても、他国からの報復関税を招かないよう注意深く取り扱う必要があると述べた。


関連国・地域: 中国ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

東急建設、BIM強化へ海外企業買収(20:17)

ミャンマー人材の来日切望 早期の実現願い、面接続く(07/08)

首相が訪越、空路の早期再開方針で合意(07/08)

HCM市、30年までに公共輸送25%に(07/08)

BIDVと韓国系GS、都市開発で提携(07/08)

ダナン市、高層商業都市複合区を開発へ(07/08)

ホアファット、上期の建設鋼材供給は12%増(07/08)

製造業の新規輸出受注、8割が楽観見通し(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン