• 印刷する

マンゴー100トン輸入、日本企業と農相が合意

海外食品の輸入・販売を手掛けるダイヤモンドスター(東京都千代田区)はこのほど、フィリピンで供給過多となっているマンゴーを100トン買い取ると明らかにした。ピニョル農相と既に合意している。

ルソン島産のマンゴーを6~8月に輸入する。今年通年では、通常より多い計500トンをフィリピンから仕入れることを検討している。

同社の担当者は「フィリピン産マンゴーは値上がりもあり、過去3年間で輸入が不足している状態だったため、タイミングよく決まった」と説明。ピニョル農相によれば、ルソン島では今年、エルニーニョ現象の影響でマンゴーが2,000トン近く供給過多となっている。

同社は1987年にフィリピンに進出。100%出資する現地法人ダイヤモンドスター・アグロプロダクツは、マンゴーのほか、パイナップル、加工用パパイア、バナナなどを日本へ輸出している。

フィリピン統計庁(PSA)によると、今年第1四半期(1~3月)のマンゴーの輸出額は11.6%減の390万米ドル(約4億2,300万円)。同国では生鮮マンゴーを33カ国に、ドライマンゴーを21カ国へ輸出している。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

入国前の陰性証明不要に、接種済み外国人(05/27)

首都圏のコロナ規制延長、6月15日まで(05/27)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

企業優遇、対象分野明確に 新たな戦略投資計画、大統領承認(05/27)

マルコス次期政権、財務相に中銀総裁(05/27)

マルコス氏、中国に「主権譲らない」(05/27)

比海軍がスービックに基地、中国けん制(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン