• 印刷する

シャープ、クアンガイ省に太陽光発電所

シャープは5日、子会社のシャープエネルギーソリューションが、タイのエネルギー関連企業などと共同でベトナム中部クアンガイ省に太陽光発電所を建設したと発表した。5月27日から運転を開始している。

同発電所の出力は約49メガワット(MW)。年間発電量は、ベトナムの一般的家庭約3万8,762世帯分の年間消費電力量に相当する7万3,143メガワット時(MWh)に上る。これにより、同社がベトナム国内で建設した太陽光発電所の出力は、合わせて195MWとなる。

シャープエネルギーソリューションは、太陽光発電システムの販売および電気設備工事など、エネルギーソリューション事業を手掛けるシャープの子会社。同発電所は、タイのサームサン・パワー(SSP)とSSP傘下で同発電所の運営事業会社のチュオンタイン・クアンガイ・パワー・アンド・ハイテクノロジーなどが共同で出資した。


関連国・地域: 台湾タイベトナム日本
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/28)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/28)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

豚肉供給不足、ベトナムの豚コレラが影響(01/27)

【NNA景気指数】タイ 2020年第1四半期予測(01/27)

ベトナムで石炭輸入急増、環境負荷に懸念(01/24)

ガルフの越太陽光発電、ADBが41億円融資(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン