韓国SK、ダム決壊の「人災」報告に反論

ラオス南部アタプー県サナムサイで昨年7月、建設中のダムが決壊した事故について、この事業に参画する韓国のSK建設は5月29日、「決壊は不可抗力ではなかった」とするラオス国家調査委員会の調査結果に対し、「科学的根拠を欠く」と反論した。ラオス・タイムズ(電子版)が同日…

関連国・地域: 韓国ラオス
関連業種: 建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

入国規制を緩和へ、隔離期間の大幅短縮も(10/02)

ソーシャルメディア企業、当局が登録要請(10/02)

韓国、洪水対策などに9千万米ドル支援へ(10/01)

ドイツ、今年のラオス支援に2650万ユーロ(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

【ラオス経済通信】20年のGDP成長率、マイナス2.5%へ下方修正 第153回(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン