韓国SK、ダム決壊の「人災」報告に反論

ラオス南部アタプー県サナムサイで昨年7月、建設中のダムが決壊した事故について、この事業に参画する韓国のSK建設は5月29日、「決壊は不可抗力ではなかった」とするラオス国家調査委員会の調査結果に対し、「科学的根拠を欠く」と反論した。ラオス・タイムズ(電子版)が同日…

関連国・地域: 韓国ラオス
関連業種: 建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首相、月例閣議で投資認可の迅速化を指示(01/28)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/28)

タイとラオス、通商拡大へ2月に閣僚級会合(01/28)

19年の訪問客は14%増、中国人がけん引(01/27)

ラオス航空、熊本への就航を再延期(01/27)

新型コロナウイルス肺炎、政府が警戒強化(01/24)

国家経済研は自主的に研究を進めよ=首相(01/23)

インフレ進行に警戒高まる、12月は6.28%(01/22)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン