【労働法最前線】GPS勤怠管理制度をいかにして運用するか

第204回(執筆者:許文実) 雇用単位(雇用主)の指示する時間、場所、内容等に基づき業務を行うことは、労働者の労働契約における最も基本的な義務であり、勤怠管理制度は雇用管理の重点のひとつです。テクノロジーの急速な進展に伴い、勤怠管理方式も徐々に変化し、近年では衛星…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

中国の民間ヘリ、3年で1.5倍に=エアバス(10:43)

一帯一路への関心高く 東南アジア、投資はベトナム首位(08/16)

国民自慢のマンゴー脚光 輸出増、日本向けは加工品で(08/16)

テイクオフ:「このピンクのミニスカ…(08/16)

内陸から海へ、西部ルート強化 重慶核に「一帯」と「一路」連結(08/16)

HTCがインド再進出、中国企業に生産委託(08/16)

華為、アフリカでスパイ行為に協力か(08/16)

新車の品質が大幅向上、JDパワー(08/16)

国産電動バイク、21年に現調率100%へ(08/16)

資源依存の中国、豪には強硬態度を取れず?(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン