• 印刷する

大象、韓国ミニストップ株をイオンに売却

韓国食品メーカーの大象グループは5月30日、同社が保有する韓国ミニストップ株の約20%をイオングループのミニストップ(千葉市)に全て売却すると発表した。

売却額は約416億ウォン(約38億円)。韓国メディアによると、大象は財務状況の改善に向け、韓国ミニストップ株の売却を進めてきたという。

これにより、ミニストップが韓国ミニストップ株の96.06%を保有することになる。残りの3.94%は三菱商事が保有している。

ミニストップは1990年から、大象を通じて韓国でコンビニエンスストア事業を展開。2003年に大象流通(現韓国ミニストップ)の株式保有比率を76.06%まで引き上げて、同社を子会社化した。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 食品・飲料金融小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:16日から韓国で一般公…(08/26)

軍事協定破棄、安保にもヒビ 北朝鮮との融和優先との見方も(08/26)

秋夕旅行先で日本2位、ボイコットでも善戦(08/26)

起亜自がインド参入、SUVセルトスを発売(08/26)

関空の韓国人観光客6割減、全体は最多更新(08/26)

釜山ターミナル、乗客急減でテナント料猶予(08/26)

韓国で邦人女性暴力被害、ネットで拡散(08/26)

テスラの中国販売車、LG化学が電池供給か(08/26)

釜山の水素スタンド、22年までに19カ所設置(08/26)

韓越美容企業が提携、化粧品工場を設立へ(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン