• 印刷する

大象、韓国ミニストップ株をイオンに売却

韓国食品メーカーの大象グループは5月30日、同社が保有する韓国ミニストップ株の約20%をイオングループのミニストップ(千葉市)に全て売却すると発表した。

売却額は約416億ウォン(約38億円)。韓国メディアによると、大象は財務状況の改善に向け、韓国ミニストップ株の売却を進めてきたという。

これにより、ミニストップが韓国ミニストップ株の96.06%を保有することになる。残りの3.94%は三菱商事が保有している。

ミニストップは1990年から、大象を通じて韓国でコンビニエンスストア事業を展開。2003年に大象流通(現韓国ミニストップ)の株式保有比率を76.06%まで引き上げて、同社を子会社化した。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 食品・飲料金融小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ鈍化、在宅から出勤へ 「働き方」の見直し機運も(04/10)

新型コロナ感染者、39人増の1万423人に(04/10)

政策金利0.75%で据え置き、動向を注視(04/10)

韓国経済研究院、20年成長率マイナス予測(04/10)

越の航空業界、今年は厳しく=韓国貿易協会(04/10)

ハンファグループ、役員報酬の返納相次ぐ(04/10)

イベント社の倒産多発も、キャンセル相次ぎ(04/10)

現代自の光州工場、労働組合が協約破棄(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン