• 印刷する

世界競争力、比は4ランク上昇の46位

スイスの国際経営開発研究所(IMD)が発表した2019年版「世界競争力ランキング」で、フィリピンは主要63カ国・地域中46位だった。昨年の50位から4ランク上昇した。

同ランキングは「経済実績」「政府の効率性」「ビジネス効率性」「インフラ」の4項目で評価している。フィリピンは、経済実績で38位(18年は50位)、政府の効率性で41位(同44位)、ビジネス効率性で32位(同38位)、インフラで59位(同60位)にランクされた。

IMDはフィリピンについて、18年の国内総生産(GDP)成長率が前年比6.2%となったことや労働生産性の改善などが順位上昇に寄与したとする一方、インフラ開発の慢性的な遅れが課題と指摘した。

ランキング首位は昨年3位だったシンガポール。このほかの東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国では、マレーシアが22位、タイが25位、インドネシアが32位だった。日本は30位で、5ランク低下した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン