• 印刷する

不動産に値上がり余地、中国実業家

中国の不動産デベロッパー、中房集団の理事長などを務める著名な実業家、孟暁蘇氏は、カンボジアの不動産には値上がり余地があるとの認識を示した。ニュースサイトの柬中時報が伝えた。

首都プノンペンで中房集団が開発する「中房国際ビル」などの起工式に出席した蘇氏は「カンボジアは内需が経済をけん引するほか、外国人の住宅購入者にオープンな政策を取っており、不動産には長期的かつ明らかな値上がり余地がある」と指摘した。

蘇氏は「現在のカンボジアの発展状況は20~30年前の中国に相当する。カンボジアの人口は1,600万人以上おり、内需が経済をけん引する条件を備えている。これは明らかな原動力だ」と説明した。

さらに、蘇氏は「カンボジア国民の衣食の問題が基本的に解決された後は、住宅の条件改善を望むはずだ」と予想。「カンボジアでは必ず地価が上昇する。政府による過度の干渉は不要だ」とも述べた。

 


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】首相動く、苦渋の改革断行 ゆがむ成長(3)企業寄りに転換(06/21)

日本精密、カンボジア法人2社を合併(06/21)

上海企業、米中摩擦で自転車生産を移管(06/21)

華為技術、香港との海底ケーブル敷設を計画(06/21)

科学技術分野の人材育成、中国に支援要請(06/21)

【カンボジア経済通信】ファーウェイの支援受け5G導入へ 第346回(06/21)

HAGLのゴム子会社、Thacoに売却へ(06/21)

実習生で虚偽申請疑い、団体役員ら書類送検(06/21)

【後発国の挑戦】EU制裁、高まるリスク ゆがむ成長(2)米中摩擦は好感(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン