• 印刷する

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇

東南アジアの主要6都市のうち4都市の高級オフィス賃料が、2019年1~3月期に前年同期から上昇したことが、英系不動産サービス大手ナイトフランクの調べで明らかになった。特にシンガポールとタイ・バンコクの上げ幅が2桁と大きかった。

シンガポール中心部の高級オフィスの平均月額賃料は1平方フィート(約0.0929平方メートル)当たり前年同期比24%上昇の81.2米ドル(約9,000円)となった。前期比では2%上昇した。

調査対象地域は金融街ラッフルズ・プレイスや湾岸部マリーナ・ベイ。東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6都市の中では、前年同期比の上昇率が最も高かった。

タイ・バンコク中心部は前年同期比12%上昇の35.4米ドル。前期比は6%上昇で6都市の中で最も高かった。フィリピン・マニラは前年同期比9%上昇、カンボジアのプノンペンは同1%だった。

一方、インドネシアのジャカルタ中心部は16%下落の23.4米ドルと落ち込みが目立った。

ナイトフランクは、向こう1年の見通しについて、シンガポールやバンコクの高級オフィス賃料がさらに上昇すると指摘。マニラは下落基調に転じるとみている。マレーシアのクアラルンプールは下落基調が加速するという。プノンペンやジャカルタは横ばいと予想している。


関連国・地域: タイカンボジアマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(07/08)

コロナ禍で雇用政策が争点 20年総選挙、有権者の選択(上)(07/08)

職場感染が増加基調、経済活動の制限解除で(07/08)

新形態の投資ファンド、半年で78社設立(07/08)

香港金融AMTD、フィンテック企業を買収(07/08)

PHCHD、ライフサイエンス企業を子会社化(07/08)

シンガポールとの往来再開、8月頭にも合意(07/08)

NTTデータ、NZ企業と研究拠点設置(07/08)

新規感染157人、計4万5千人超(7日)(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン