• 印刷する

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇

東南アジアの主要6都市のうち4都市の高級オフィス賃料が、2019年1~3月期に前年同期から上昇したことが、英系不動産サービス大手ナイトフランクの調べで明らかになった。特にシンガポールとタイ・バンコクの上げ幅が2桁と大きかった。

シンガポール中心部の高級オフィスの平均月額賃料は1平方フィート(約0.0929平方メートル)当たり前年同期比24%上昇の81.2米ドル(約9,000円)となった。前期比では2%上昇した。

調査対象地域は金融街ラッフルズ・プレイスや湾岸部マリーナ・ベイ。東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6都市の中では、前年同期比の上昇率が最も高かった。

タイ・バンコク中心部は前年同期比12%上昇の35.4米ドル。前期比は6%上昇で6都市の中で最も高かった。フィリピン・マニラは前年同期比9%上昇、カンボジアのプノンペンは同1%だった。

一方、インドネシアのジャカルタ中心部は16%下落の23.4米ドルと落ち込みが目立った。

ナイトフランクは、向こう1年の見通しについて、シンガポールやバンコクの高級オフィス賃料がさらに上昇すると指摘。マニラは下落基調に転じるとみている。マレーシアのクアラルンプールは下落基調が加速するという。プノンペンやジャカルタは横ばいと予想している。


関連国・地域: タイカンボジアマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

3月輸出額、単月で過去最高 非電子好調、見通し楽観視の声(14:41)

単純労働者の入国困難、感染対策徹底で(19:27)

カラオケまねきねこ運営社解散、コロナ禍で(19:27)

シンガポール航空、香港への乗り継ぎ中止(19:29)

配車グラブ、本拠シンガポールでも上場検討(19:29)

STエンジ、オーストラリア鉄道市場へ参入(19:29)

DBS銀、燃料用石炭企業への融資中止(19:30)

HSBC現法、「ハイブリッド型」勤務促進(19:27)

遠隔医療の免許付与、来年半ばにも開始(19:29)

不動産投資、年内にコロナ禍前の水準に(19:29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン